日本道観の道教交流 ブログ

日本道観と道教(タオイズム)の縁、交流の軌跡、そして日本道観と道教関係者との交流の様子や、貴重な道教儀礼の写真もご紹介。

厦門・武夷山研究の旅   日本道観の道教交流

2011年7月12日~15日

 

今回の中国での共同研究は、いつもの北京ではなく福建省厦門で行われました。 林教授は、故郷である厦門に戻られて、研究や執筆をされておられるのです。

 

f:id:nihondokan-taoism:20170614142740j:plain

厦門の鼓浪湾ホテルにて

 

3泊の滞在の内、1日は武夷山を見たいとお願いして、政府の方のご案内つきで、武夷山の美しい景勝地道教儒教などにまつわる道観や修行の場所を訪れました。

 

空気もきれいで緑も美しく、長い歴史のある武夷山世界遺産に登録されているだけあって本当に感動でした。

 

f:id:nihondokan-taoism:20170614142926j:plain

武夷山九曲渓笩下り

 

f:id:nihondokan-taoism:20170614143109j:plain

林中鵬教授、早島妙聴住持道長、鼓浪湾ホテル蘇啓章支配人(右)

支配人が住持道長へ書を書いてくださった。

 

日本道観道教交流>