日本道観の道教交流 ブログ

日本道観と道教(タオイズム)の縁、交流の軌跡、そして日本道観と道教関係者との交流の様子や、貴重な道教儀礼の写真もご紹介。

中国福建省「石竹山」 2017年7月  日本道観の道教交流

タオイズム交流の旅 中国福建省「石竹山」

道家〈道〉学院本校に、9仙人がやってくる

日本道観道教交流

 

2017年7月11日

 

早島妙聴学長は、日本道観で共同研究を行っている、四川大学老子研究院院長の詹石窓先生、厦門大学副教授の林観潮先生と共に、中国福建省、福清にある石竹山の道観を訪問した。

 

f:id:nihondokan-taoism:20171212094740j:plain

 

 石竹山は、9仙人による夢占いで非常に有名な山で、漢の時代からすでに2000年を超える歴史を持っており、中国だけでなく、世界からも、この山に9仙人のお告げを求めて人が集まっている。

 

  

そして、この度、夢のお告げにより、石竹山の9仙人から分霊された神様が、道家〈道〉学院本校へ、お祀りされる。

 

 

 

f:id:nihondokan-taoism:20171212094843j:plain

中央、福建省道教協会会長、石竹山道観住持、謝栄増道長、中央左より、四川大学老子研究院院長・四川大学教授、一般財団法人 日本タオイズム協会名誉理事 詹石窓先生、林鳳燕女子、中央右より、早島妙聴学長、厦門大学副教授 林観潮先生

 

 

 

 

f:id:nihondokan-taoism:20171212094805j:plain

9仙人の神様を参拝される早島妙聴学長