日本道観の道教交流 ブログ

日本道観と道教(タオイズム)の縁、交流の軌跡、そして日本道観と道教関係者との交流の様子や、貴重な道教儀礼の写真もご紹介。

日本道観の道士 日本道観 住持道長 早島妙聴(はやしまみょうちょう)

■2004年、嗣漢天師府第六十四代より道士の允可

十四代の嗣漢天師府顧問に就任。

 

日本道観住持道長

道家道学院学長

一般財団法人日本タオイズム協会理事長

■世界医学気功学会副主席

 

日本道観始祖、早島天來のもとで31年来修行をし、実地で、導引術、動功術、洗心術の修行を重ねる。日蓮宗身延山にて修行し、僧侶として教師資格を取得。1999年6月、日本道観道長道家<道>学院副学長に就任。

 

2004年、嗣漢天師府第六十四代より道士の允可を受け、六十四代の嗣漢天師府顧問に就任。2010年、世界医学気功学会副主席に就任。

 

2013年、一般財団法人日本タオイズム協会設立、理事長に就任。

 

世界医学気功学会、北京の首都師範大学との共同研究を行い、貴重な導引医学、道教医学の歴史、発展についての研究、中国伝統医学のTAO、哲学に関係する日本の江戸時代の漢籍の収集と研究、書籍出版などの活動をしている。全国の道家<道>学院で講座を開催し、お年寄りから子供にまで、わかりやすいタオイズムを指導し、健康な幸せな人生に生かすタオイズムの真髄を伝えている。

 

 

nihondokan-taoism.hatenablog.com

nihondokan-taoism.hatenablog.com

 

 

日本道観の道士(日本道観について) | 日本道観の道教交流