読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本道観の道教交流 ブログ

日本道観と道教(タオイズム)の縁、交流の軌跡、そして日本道観と道教関係者との交流の様子や、貴重な道教儀礼の写真もご紹介。

台南市道教会との交流・祀典興濟宮での登刀梯奏職大典に参列 2007年11月

台南市道教会との交流・祀典興濟宮での登刀梯奏職大典に参列

 

台南市道教会理事長、陳榮盛大法師のご子息・陳槐中氏は、晴れ渡る天に昇る梯子を登り、無事に道長を継承された

 

200711呉漢清道士 陳槐中/
大法師/ 陳榮太道士/日本道観の道教交流

呉漢清道士(左) 陳槐中(法名・大騰)大法師(中) 陳榮太道士(右)

 

 二〇〇七年十一月十日から十四日までの四泊五日、早島妙端道長に率いられた日本道観スタッフ及び助教を中心とした五十七名のメンバーは、台南市の祀典興濟宮にて「登刀梯奏職儀礼」に参列した。これは道士が道長を継承する時に行われる大変珍しい儀礼で、陳榮盛大法師は今から五十年前に同じくこの儀礼で道長を継がれたのだそうだ。そして五十年後の十一月十二日、ご子息・陳槐中道士が道長を受け継ぐために、その儀礼に挑んだのである。

 

 

 十一月といってもまだ最高気温は三〇度近くになる台南は、広い道路が封鎖され、この儀礼の準備から携わった道士たちに支えられ、学者、メディア、そして道教信者の人々で溢れかえり、その熱気で熱く燃えていた。

 

 

 登刀梯奏職儀礼とは、道士が天の神々に道長となる許可を受けるべく、刀でできた天に続く三十六段の梯子を登り、頂上でポエ(神の意思を占う)を行うことで、神からの許しを受けるという、感動的な儀礼である。道教(天師道)の最高指導者である第六十四代張天師(張源先氏)も来られて、最高の盛り上がりとなった。

 

 

 共に修行してきた道士たち、高尾から駆けつけた道士団、そして妙瑞道長とともにVIP席に招待された日本道観一行、また会場に詰めかけた道教信者の人々がかたずをのんで見守る中で、陳槐中(法名・大騰)大法師は立派に梯子を登りきり、陰陽の札も一回でそろい、会場は歓声と大きな拍手に包まれた。

 

 

2007.11道士の位を昇進/日本道観の道教交流
無事に道士の位を昇進

 

 こうして天來大先生のころより深い交友のあった台南市道教会理事長、陳榮盛大法師のご子息の陳槐中氏は、正式に天から認められて無事道長の位を継承されたのである。同じく道士の位昇進に挑んだ陳榮太氏、呉漢清氏も一回で成功、通引官を勤めた廖志瑋道士も含めこの日、天に続く梯子に登った四名の修行者たちは、その快挙を見届けた道士、観衆とともに一生忘れることのできない、道教の修行における貴重な一歩を踏み出したのである。

 

 

2007.11登刀梯奏職大典/日本道観の道教交流
登刀梯奏職大典(2007.11.12)
 

 陳槐中大法師は、「今日の日を迎えられたのは、自分のことのように共に準備をし、成功を祈ってくれた仲間たち、そして協力してくださった人々、そして日本から駆けつけてくれた日本道観のみなさんの力があってこそなのです。決して私一人で歩んできた道ではありません」としみじみ語っておられた。そしてその瞳には、道長を受け継ぎ一生をかけて道長として人々の平和や幸せを守ってゆく覚悟が光り、その姿は天の気を受けてますます大きく見えたのである。この記念すべき儀礼に立ち会えたことで、日本道観台南市道教会との「道」でつながる縁は、いっそう絆を深めた。